スマホゲームの開発費用や開発方法、人気のゲームをご紹介!

>

気になる開発費用について

開発費用について~個人で行う場合~

個人でスマホゲームを開発したいと考えている人は少なくないでしょう。
特にゲームをするのが好きならば、自分で開発してみたい筈です。
ただし、個人開発は易しいものではありません。
まず開発費用についてですが、これは作るゲームや自分が出来る技術力によって大きく差があります。
制作ツールを使えばたった数万円程度で制作できるものもありますし、数百万円は必要となるゲームもあります。
ゲームの種類によってイラストレーターに依頼したり、翻訳する必要があったりすれば、その都度数十万円程度かかってしまいます。
収益については殆どが広告費用になります。作る時間も限られてくるので、しっかりとした熱意が無ければ続きません。
ただし一発当てればダウンロードだけで大儲けする可能性もあります。

開発費用について~企業の場合~

スマホゲームの開発市場は、今やしのぎを削ったデッドヒートが展開されています。
スマホが普及し始めた当初はまだゲームも単調なものが多く、スマホゲーム市場は有望性のあるものと見なされていましたが、近年では生き残るのさえ苦しい市場であると言われています。企業が開発するゲームともなると個人の場合とは違い、ゲームのクオリティも高い為に当然予算も高額になります。
多くの企業で、大体1本1億円以上が平均相場。
高いものであれば20億円近くかけて作られるゲームもあります。
スマホゲーム創世記は開発費用も今よりうんと低かったのですが、スマホが普及するにつれ、ユーザーも目が肥えて更なるクオリティを求め、且つ参入企業も増えた為に、開発費用が大幅に吊り上がったと考えられます。
既に飽和状態のスマホゲーム開発市場ですが、今後はシンプル且つ低費用のゲームが流行すると良いですね。


SHARE!