スマホゲームの開発費用や開発方法、人気のゲームをご紹介!

>

スマホゲーム開発はいくらかかる?

個人でスマホゲーム開発は行える?

スマホゲームの開発は個人でも可能であること知っていますか?
スマホゲームやアプリは基本的に誰でも開発と販売が可能ですので、基本的なプログラミングが出来るのであれば、すぐに制作して販売が可能です。
プログラミングは少し難しいイメージもありますが、ツールをダウンロードし、独学で勉強する人もいますし、スクールに通って短期間で習得する人もいます。
プログラミングという言葉を聞いてやる気を失ってしまった人もいるかもしれませんが、最近ではプログラミングすら不要なアプリ制作ツールも販売されています。
制作ツールは、Apple専用やAndroid対応のものや、ゲーム制作に特化したツールまで様々。
プロのプログラマーから初心者まで利用できる幅広いツールが揃っており、誰でも簡単にスマホアプリやゲームを開発できる時代となりました。

安定的にゲーム開発を行うには

個人でもアプリ制作ツールを使ってゲームを作ることが可能ですが、とはいえ一人で楽しむだけのゲームを作るのならばともかく、販売用のゲームやアプリを作るとなると、それなりに知識も資金も必要です。
個人で制作しているという、いわゆるフリーランスのゲームプログラマーの多くは、元々ゲーム会社やアプリ開発の企業に勤めていたという人達です。
プログラミングを覚える為にスクールに通う人もいると上記しましたが、そもそもゲーム開発などに興味があるならば、最初からそういった企業に就職し、会社でプログラミングの勉強や知識を身に付けるという方法もあります。
安定的にゲーム開発をしたいならば、企業で一プログラマーとして働く方が無難でしょう。


SHARE!